Z会 幼児 効果

Z会の幼児教育、その効果とは?

「幼児教育」を実際に行っている、もしくはこれから子どもにやらせたいと思っている保護者のみなさんは多いと思います。良いことも悪いことも素直に吸収する時期である「幼児期」には、様々なことを学ばせたいと思いますよね。

 

そんなもっとも大切ともいえる幼児期に行う幼児教育は、今ではたくさんの会社から販売されています。主に通信教育というシステムが多いです。「幼児の通信教育」と聞くと、しまじろうで有名な「こどもちゃれんじ」が思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。実は、難関校を目指す人向けというイメージのある「Z会」にも、幼児向けのコースがあるんですよ。ご存じでしたか?

 

そんなZ会の幼児教育ではどんな「効果」が得られるのか、調べてみたいと思います。

 

Z会幼児教育の効果とは?

 

Z会の幼児教育は、ひらがなの読み書きや数字の書き方、簡単な計算などの、いわゆる「小学校での勉強の先取り」ではありません。幼児期には幼児期にしかできない、「五感を使った体験」が大切だと考えているからです。

 

Z会の幼児教育では、いろいろな「実体験」ができます。身近なものを使った製作や、簡単な料理などもあるんですよ。このような、一見「勉強」とは関係ないような体験こそが、幼児期の「成長」には重要なことでもあるのです。五感を鍛え、豊かな感性を養うこと、そしてZ会の「柱」でもある「自ら考える力」を身に付けることができます。

 

Z会は将来の学力の基礎を築く

 

計算や文字の読み書きなどの脳ばかり使うものは、幼児の脳には負担もかけてしまいます。バランス良く脳を使っていくことで、将来の学力の基礎を築くことができる、というわけです。

 

Z会の幼児教育には、このような様々な効果が期待できると言えるでしょう。身近なものを使った実体験というのは、簡単なようにも見えますが、自分で一から行おうとするとなかなか難しいものです。Z会というサポートがあれば、それだけで心強い感じがしますね。まずは資料請求をしてみて、実際の教材のサンプルを試してみてください。